トップ > ニュース&トピックス > 風力発電施設におけるバードストライク検知システムを導入 解析用カメラ映像の海上伝搬、最大20kmを実現

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス2016

報道関係者各位
プレスリリース(報道資料)

2016年4月14日 風力発電施設におけるバードストライク検知システムを導入
解析用カメラ映像の海上伝搬、最大20kmを実現

一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区東池袋3-1-1、会長:繩野克彦、以下日本気象協会)、日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区九段南4-7-15、代表取締役社長:瀬川純、以下 DENGYO)、株式会社LinkPro(本社:東京都中央区日本橋本町4-1-5、代表取締役:原口信克、以下LinkPro)の3社は、日本気象協会監修のもと、風力発電施設におけるバードストライク検知システムを導入しました。従来目視により確認していたバードストライク監視を自動化することで、人員の工数削減や負荷の軽減が実現しました。

システム概要

本システムは、風力発電施設に衝突する鳥類やコウモリ類の実態を正確に調査するため、赤外線カメラを用いて自動で検出を行い、解析結果、カメラ映像を無線伝送するシステムです。風力発電施設に設置された赤外線カメラ映像は、長距離無線LANシステムFalconWAVE2.4Gで無線伝送され、「鳥類検出ソフトウェア」により解析検出されます。

カメラ映像は最大20km離れた既存の陸上受信点まで伝送しており、建設後の設備にも容易に取り付けすることができ、安価での構築が可能となりました。

海上での無線伝搬は陸上に比べて海面反射によるフェージング現象などにより長距離伝搬が困難とされています。高利得・高指向性アンテナを活用したシステムにより海上での長距離通信が可能となりました。

システム概要

システム概要

開発の背景

風力発電施設に衝突して死亡する鳥類やコウモリ類(以下、鳥類など)については、草木によって隠れたり、スカベンジャーによって持ち去られたりすることなどにより、発見率は非常に低く、その実態調査は困難とされてきました。本システムは日本気象協会の基本設計、監修の下で開発が行われ、鳥などの衝突の実態調査だけでなく、風力発電施設付近の鳥類などの挙動の実態把握にもつながると期待されています。

主な製品の特長

DENGYO:長距離無線LANシステムFalconWAVE4.9G-MPプラス

通信の安定性に定評のある4.9GHz帯を利用しており、天候に左右されず安定した通信を確保することができます。MIMO伝送方式を採用しているため、海上のような激しいフェージング下でも高品質な受信信号を確保でき、長距離通信が実現します。

製品詳細URL:http://www.den-gyo.com/solution/solution03_c_h.html

LinkPro:鳥類検出ソフトウェア

独自開発した高速アルゴリズムにより検出し、リアルタイムに解析することができ、24時間の連続運用が可能となります。従来から自動検出手法として使われていた差分検知方式やパターンマッチング方式では、回転するブレードや雲などの外乱に対して誤検知となる場合が多く、画像が滲み鳥の形状がはっきりしない場合には検出が困難となってしまうなどの課題を解決しました。

今後の展開

「バードストライク検知システム」の販売については、日本気象協会にて全国に展開していく予定です。

<販売に関するお問い合わせ>
一般財団法人日本気象協会 担当:東一樹
所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 55階  TEL: 03-5958-8160
e-mail:higashi@jwa.or.jp

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る