トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > 顧客事例 > 自立電源型マルチカメラ監視mini

顧客事例

自立電源型マルチカメラ監視mini
導入の背景

白鷺電気工業様では、本社から離れた社員用駐車場と八代支社から数百m離れた倉庫の遠隔監視を検討されていました。
新規で監視システムを構築する場合、有線では電力会社の電柱さえ許可されず、地下埋設となるだけでなく、その埋設の許可も厳しいのと、工事費も多大になります。
また、立地上社員用駐車場は県道を挟んだ場所にあり、倉庫は新幹線の線路を挟んだ場所にあるため、配線工事をするには道路の占用許可申請などが必要となり、有線での構築が困難な状況でした。

長距離無線LANシステム FalconWAVEによる無線構築により、申請許可が不要となりさらに最小限の工事でカメラ監視システムを構築することができました。

今回のシステム概要

新幹線を走る線路をまたいでの映像無線伝送

白鷺電気工業八代支社で198m離れた倉庫を遠隔監視しています。
倉庫は新幹線の線路をまたいだ分散立地にあり、特に新幹線高架下を配線工事する場合、許可申請のハードルが高いことと埋設工事を伴う等、時間と経費が多大になります。今回の構築で、申請や交渉等が不要となり工数を削減することができました。また通常、無線機では困難となる新幹線高架下のわずかな空間を利用した長距離無線通信が実現しました。

県道をまたいでの映像無線伝送

本社から離れた社員用駐車場のカメラ映像を本社で遠隔監視しています。駐車場の監視拠点は太陽光パネルによる自立電源運用なので電源工事が不要での構築が実現しました。カメラを設置したい場所は県道を挟んだ場所にあるため、配線工事をするには道路の占用許可申請などが必要となりますが今回の無線による構築で、有線構築の際に必要となる許可申請が不要となりました。
また、将来カメラが増設できるように親機に無指向性アンテナを構成しましたが、干渉波の影響を受けることなく安定した通信を確保しています。

導入メリット
  • 無線での構築により、有線の際に必要となる許可申請が不要となった。
  • 各監視拠点では太陽光パネルによる自立電源運用なので電源配線工事が不要となり最小限の工事で構築することができた。
  • 駐車場・倉庫のリアルタイム映像を本社で一括管理できるようになった。
お客様の声

白鷺電気工業株式会社
電通ソリューション本部 情報通信部 情報通信課
日笠山 靖晃様
有線の監視カメラを八代支社の倉庫や本社駐車場に設置しようと考えると、
新幹線の高架や国道や県道があることによりJR・道路・電柱など様々な場所に申請が必要で、工事の許可を頂くだけで数ヶ月単位の時間が経過してしまいます。
しかし、マルチカメラ監視miniを活用することでたった数日の工事で監視カメラの映像を確認することができ、全ての問題が解決しました。
運用に無線の資格も必要としない「FalconWAVE2.4G」は、自立電源で可動するため電源の供給工事も無く、アンテナ調整も簡単で本当に監視カメラを『置くだけ』と感じました。

開発関係者の声

日本電業工作株式会社
事業開発部 第1事業開発グループ
琴 基竜
「マルチカメラ監視mini」は電源をいれるだけで使用でき、接続などの面倒な作業がいらない、利便性を追求した製品です。
電源も効率的かつ施工容易な自立電源を提供しております。
当社の強みであるアンテナに関しても、お客様のご要望にお応えした簡単取付の壁面金具をカスタマイズ対応しました。
また、アンテナカバーへ壁面の色彩に合わせた塗装を施したことで、景観に配慮した製品にもなっております。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る