トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > ラインナップ > 避難所インフラ通信

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド

避難所インフラ通信

大規模災害発生時、避難所と外部との通信 手段が分断され孤立してしまうことが心配されています。
長距離無線L ANシステムがパッケージされた臨時可搬システムと自立ソーラー式パッケージシステムを利用すれば大規模な電源設備 が無くても必要な電源を確保しながら外部との通信手段を確保することができます。
IP電話通信やSipサーバーを利用することにより安否情報の発信や最新情報共有も実現します。

特長

1.臨時可搬パッケージシステムと自立ソーラパッケージシステムで電源喪失時にも外部との無線通信が可能です。
2.無線通信の専門家でなくても高性能アンテナを利用しているため、簡単作業で無線回線設定が可能です。
3.IPネットワークの利用により更に外部へのリンクが可能になります。

利用イメージ

大規模災害発生時、電力と有線回路が途絶しても避難所と市役所・役場との通 信手段を確保することができ、避難状況や最新情報の共有が可能となります。

構成イメージ

・可搬性が高く、災害発生時に迅速な対応が可能です。
・IPネットワークにより災害対策拠点との専用電話としても市外 通話としても利用可能です。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る