トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > ラインナップ > 防災行政無線システム

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド

防災行政無線システム

アクセスポイント機能、基幹回線機能を一体型にしたシステムとカメラ機能を組み合わせた防災行政無線システムです。
情報伝達手段としてだけでなく災害時には現場の状況を映像によりリアルタイムで無線伝送したり、通信手段としてWi-Fi環境の提供など、活用することができます。
また、長距離基幹中継回線としても利用できるので災害時の通信インフラとして運用することができます。

特長
1
通信インフラが規制された場合でも、基幹回線として最大30km離れた拠点間を無線で結ぶことができ、それぞれの拠点において広域Wi-Fiエリアを構築します。
2
カメラ機能により、災害時には現場の状況をリアルタイムで確認、平常時では地域の防犯対策として活用できます。
3
自営回線のため、公共のインフラに依存することなく安定した通信を確保することができます。既存の屋外拡声子局に設置することもできます。
利用イメージ:災害時
利用イメージ:災害時
関連情報
観光・防災Wi-Fiステーション
長距離Wi-Fi情報室

920MHz帯を利用したEchoes LINK™をFalconWAVEの先に接続することにより水位・潮位・土石流を監視することが可能です。

水位の「見える化」で水害を予知・水位観測 水位監視システム
製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る