トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 大規模災害現場中継

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド
大規模災害中継
緊急時を想定した防災訓練で
迅速・正確な現場中継を実施
川辺川ダム砂防事務所様
分野
環境・防災
シーン
山間部
業種
官公庁・自治体
製品
「FalconWAVE4.9G」
「FalconWAVE2.4Gテレポータブル」

概要

緊急事態が発生・予見される場合、現場の状況をいち早く正確に把握し、迅速な対策が求められる。
現状では、担当者がトランシーバーや衛星電話などを用いて現場の状況を災害対策本部などに報告していたため、現場の実状況が正確に把握しづらい場合があったが、従来の映像伝送機器は大型で、現場近くに持ち込むことが困難であったので、災害対策本部では映像確認ができなかった。
本件は「FalconWAVE4.9G、FalconWAVE2.4Gテレポータブル」を用いて、迅速な災害対策をサポートした。

課題

  • 災害発生現場のライブ映像を対策本部で見たい。
  • 持ち運び可能な小型の映像伝送機器がほしい。
  • 災害発生ポイントと対策本部が近くにあるとは限らない。

効果

  • 音声だけでなく、映像を組み合わせることで、より迅速に正確な判断が可能になった。
  • 持ち運びできる大きさ・重さのため、限られたスペースに容易に設置ができた。
  • 伝送距離が長いため、少ない中継点で災害発生現場と対策本部間の映像伝送ルートを確保できた。
  • 無線LANシステムのため、衛星システムなどの大掛かりな装置は不要になった。

システム構成図

システム構成図

システム構成図

システム構成図

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る