トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 食品工場における作業状況の安全監視

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド
食品工場における作業状況の安全監視
工場内の作業員、敷地内への侵入を見える化
食品会社 F社様
分野
セキュリティ
シーン
工場
業種
食品
製品
「マルチカメラ監視mini」

概要

異物混入対策や衛生管理、フードディフェンスなどにより食の安全が脅かされている。
入退管理システムを導入しているケースは多いが、それだけでは監視しきれないのが現状である。「マルチカメラ監視mini」により、食に関わる信頼性向上のためのカメラによる遠隔監視で作業現場や入退出をリアルタイムで見える化してセキュリティを強化した。

課題

  • 工場のゲートを遠隔監視したい。
  • 既存の工場のため、配線工事が難しい。(したくない)
  • 外周のセキュリティを強化したい。

効果

  • 2か所のゲートをリアルタイムで遠隔監視できる。
  • PTZカメラにより遠隔地でも詳細を確認できるようになった。
  • レコーダーに映像を記録しているのでエビデンスが残せる。
  • 管理事務所への配線工事不要での構築が実現。

効果

システム構成図

システム構成図

システムの概要

A棟と管理事務所のあるB棟にカメラ一体型の無線LANシステムを設置。
管理事務所では2台のカメラ映像を集約して録画しており、リアルタイムで映像を確認できる。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る