トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 工事現場の安全管理と作業員との通信網構築

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド
工事現場の安全管理と
作業員との通信網構築
Wi-Fi化によりICTを利用した情報伝達を実現
北陽建設株式会社様
分野
インフラ
シーン
工事現場
業種
土木・建設
製品
「マルチカメラ監視mini」
「おくだけWi-Fi」

概要

工事現場において、現場の状況を正確に把握することは安全管理上非常に重要なことである。また、山間部など僻地で作業を行う作業現場では、一般の通信網が整備されていないため、情報伝達手段が衛星電話しかなかった。
本件は、自立電源装置を利用した「マルチカメラ監視mini」と「おくだけWi-Fi」により、本社と工事現場との間で遠隔カメラ監視とWi-Fiエリア化により、工事現場のICT活用を強力にサポートした。

課題

  • 作業現場でICTを活用したい。
  • 本社と現場作業員との通信網の構築をしたい。
  • 作業現場のため自由に利用できる電源がない。

効果

  • 独自の通信網を構築し、ICTが利用できるようになった。
  • 本社からも作業現場の映像を確認することができ、適切な指示を出せるようになった。
  • 一定時間毎にスナップショットを撮影でき、進捗管理報告に利用できるようになった。
  • 太陽光発電を利用した自立電源での運用が可能で、可搬性を実現できた。

監視映像(イメージ)

カメラ映像を対岸から親機へ無線伝送

システム構成図

システム構成図

平成28年2月4日、松本砂防事務所 工事安全対策協議会主催による「第18回 工事安全対策研究発表会」において、長距離無線LANシステムをメインとした論文で「北陽建設工業株式会社様」が最優秀賞を受賞されました!

長野建設新聞に掲載されています!
製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る