トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 不感地のトンネル内での通信網確保

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド
不感地のトンネル内での通信網確保
閉鎖域でのネットワーク構築で作業員との情報共有
日本工営株式会社様
分野
インフラ
シーン
地下街・トンネル
業種
土木・建設
製品
「おくだけWi-Fi」

概要

トンネル内や地下の工事現場で、作業状況の確認や作業員への連絡手段としてデータ通信の整備が課題となっている。
総延長1200mのトンネル内における通信整備を想定した伝送を行い、「おくだけWi-Fi」により通信網を確保した。

課題

  • トンネル内の作業員との通信網を確保し、安全確認を行いたい。
  • 作業の進捗をトンネル外から確認して的確な指示をしたい。
  • 作業が数日間なので、日々別の現場にも移動して利用したい。

効果

  • 全長1200mのトンネル内で、音声ならびに映像伝送網を確保し安全確認ができるようになった。
  • 総重量10㎏程度の可搬システムなので、移動しながらでも通信が可能となった。

システム構成図

距離と伝送レート

距離と伝送レート距離と伝送レート

システムの概要

トンネル出入口に設置した「おくだけWi-Fi」でトンネル内の通信網を確保。
内蔵バッテリーで8時間以上の運用が可能。

関連製品

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る