トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 船舶の安全航行監視

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

マルチカメラ監視 mini防犯カメラ監視の無線活用ガイド
船舶の安全航行監視
高性能カメラ監視で信号切り替えを円滑化
公共団体様
分野
インフラ
シーン
海上
業種
公共
製品
「FalconWAVE4.9G」

概要

運河を航行する船舶の航行状況を把握し、適切な信号切り替えを行うため常時運河を航行する船舶の状況を監視する必要がある。
「FalconWAVE4.9G」により、東京湾と川崎水路を航行する船舶の状況を高性能カメラにより遠隔監視することで水路信号切り替えが円滑にできるようになった。

課題

  • 適切な信号切り替えを行うため正確な航行状況を把握・管理したい。

効果

  • 高性能カメラにより、遠隔で常時航行状況を把握できるようになった。
  • 5㎞程度離れた信号所間の海上伝搬でも安定した通信ができる。

効果 ※写真はイメージです。

システム構成図

システム構成図

システムの概要

鶴見信号所のカメラ映像を約5km離れた塩浜信号所へリアルタイムで無線伝送。
お客様指定のアナログカメラに伝送装置を接続して運用。

関連製品

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る