トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 防犯カメラ監視の無線活用ガイド

FalconWAVE®長距離無線LANシステム

自立型ワイヤレス防犯監視システム

防犯カメラ監視の無線活用ガイド

太陽光発電施設でのソーラーパネル盗難被害や工場等広い敷地内への不法侵入者など、人の目の届かない場所や常時監視の難しい場所でのカメラ監視需要は高まっています。
カメラを設置する際、監視したいポイントはあるのに配線の都合で設置を断念したり、逆にカメラを何台も設置しないと監視ができないなどの課題も多いです。
無線なら設置環境に合わせた構築ができるので、今まで難しかった場所での監視ができるだけでなく、リアルタイムで監視できるようになります。

無線のエンジニアが、設置環境に合わせてカメラから無線構築までをご提案いたします。

Point1 監視のモレをなくす 設備に合った監視システムでセキュリティを強化 

監視したい場所、監視したい対象は設備によって違ってきます。また、夜間の防犯カメラ監視については、投光器などの設置が必要になりますが、設置コストが高価になりがちです。人感センサを用いて不審者の侵入を検知しパトランプを点滅させたり、携帯電話にお知らせすることで、効率的な監視の強化ができるので検討することが有効です。

監視のモレをなくす

防犯対策の決め手となる監視映像ですが、画像処理技術が進歩しており、活用することで事後の解析などの効率化につながります。

見えない画像の詳細を浮き上がらせる フルHD/SD リアルタイム画像処理技術 Detail Enhancement Filter System

カメラとモニター間の映像ラインに本製品を挟み込むだけで鮮明化を実現

株式会社 LinkPro社「Red Super Eye」

Point2 防犯ポイントを重視する監視ポイント重視のカメラ設置で死角をなくす

「電源がなく設置できない」「監視したい場所に設置できない」
などの課題が無線なら解決できます。管路工事などが必要ないので、監視に適した場所に自由にカメラを設置でき、防犯対象ポイントを重視した監視が実現します。
最大4カメラの映像を1台の親機に集約できるマルチポイント伝送が可能で、最大880mの広範囲をカバーでき、これまで構築が難しかったエリアを効率的に監視できます。また、AC電源の無い場所でも低消費電力で動作するためソーラーパネルを利用した自立電源運用にも対応できます。

例えば太陽光発電所では
例えば太陽光発電所では

また、無線システムは設置・調整の難易度により施工時間が大きく変わります。
70°の広角指向性アンテナを使用することにより、カメラ側のアンテナと受信側のアンテナをおおよそ向い合せるだけで通信が確立するので短時間で施工でき、最適ポイントで容易に設置することができます。
更に、アンテナ・無線機など一体型で設置が簡単な自立電源無線化では工程が短縮され、すぐに監視を始められます。

目視での簡単な方向調整で設置完了
Point3 現場ニーズに合ったカメラを選ぶ 監視に適した高画質カメラを選ぶ

防犯用カメラを選定する際、高画質で鮮明な画像での撮影が重要となりますが、監視システムを構築する場合は

目画質(画像サイズ) 機能 撮影範囲(画角)

を考慮する必要があります。
画像サイズについては、一般的なアナログカメラ(640×480)より高画質(1920×1080)なカメラの方が解像度が高く監視向きです。同じ画角を撮影した場合でも、後から電子ズームを行い詳細アップ画像をモニターした際に、解像度の高いカメラの方が粗が目立ちにくいものです。
また、パン(横方向)360°、チルト(縦方向)90°のリモート動作が可能なカメラであれば、設置個所のほぼ全周を撮影する事が可能となり監視効率が高くなります。 後から録画映像を確認する際の検証等に有効です。

パン・チルトカメラなら 2メガピクセルカメラなら 抜群の低消費電力

※各製品消費電力は公開カタログ値による

消費電力5W以下のカメラを選ぶことにより無線装置と合わせても合計8W以下となり太陽電池などを利用した自立電源運用ができます。

製品の詳細についてはこちら超小型 直径30cm カメラ一体型無線LAN マルチカメラ監視mini
製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る