トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > Echoes LINK™ 無線センサネットワーク > ラインナップ > 920MHz親機子機通信実験で欠測データのない高信頼通信を実証

無線センサネットワーク

前へ

次へ

北海道 札内川 920MHz 水位観測通信実験で欠測データのない水位監視の高信頼通信を実証

実験概要

北見工大より、河川の分岐・合流点を観測し、流路変動の仕組み研究する一環として水位を計測したいとの依頼を受け、北海道 札内川ダムの放流実験による水位の上昇⇒下降に至るまでの計測を行いました。

実験内容

実験では、920MHz帯の通信装置を利用したEchoes LINK™「水位監視システム」親機1台:子機1台を河川敷に簡易設置し、親機とパソコンをWi-Fi接続して、データをリアルタイムに収録すると同時に解析を行い、①測定精度 ②連続運用時の安定性 ③通信の信頼性などの基本的な検証を行いました。また、国土交通省設置のテレメータとの相対比較試験も行いました。

水位監視システムを河川敷に簡易設置。リアルタイムに収録&解析。基本的な水位観測検証を実施。

実験結果

現場到着後、短時間で設置を完了させ、翌日水没を感知して、920MHz帯で5分毎に子機から親機へ背丈を超える樹木を貫通し、データをリアルタイムバックアップしました。親機側ではパソコンからWi-Fiで親機に接続し、SDカードにデータ収集しながら平行してパソコンにデータを吸い上げ、欠測なくデータ収集したこと、テレメータ放流量との比較では、傾向として流量変化をキャッチできていることを確認し、高品質・高信頼なデータ通信を実証しました。

札内川ダム Echoes LINK™水位とテレメータ放流量比較

実験風景

実験箇所は身長を超える樹木が密に茂り、通常の無線通信機器では届かないような場所で、短時間での設置・撤収および水位センサ設置位置から離れた安全な場所でのデータ収集が必要でした。

水位監視システムによる水位観測実験風景:増水してきた河川の水位を測定中

増水してきた河川の水位を測定中

水位監視システムによる水位観測実験風景:ケーブルを張って水位計を設置

ケーブルを張って水位計を設置

水位監視システムによる水位観測実験風景:計測ポイントの子機を設置

計測ポイントの子機を設置

水位監視システムによる水位観測実験風景:水が上がってこない安全な場所に親機を設置

親機とパソコンをWi-Fi接続してデータを吸い上げ

水位監視システムによる水位観測実験風景:水が上がってこない安全な場所に親機を設置

水が上がってこない安全な場所に親機を設置

水位監視システムによる水位観測実験風景:水位計が流されていないか様子を見る

水位計が流されていないか様子を見る

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る