トップ > ニュース&トピックス >  DENGYOの温室効果ガス排出削減目標がSBTイニシアチブの認定を取得

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス2021

報道関係者各位
プレスリリース(報道資料)

2022年4月11日DENGYOの温室効果ガス排出削減目標がSBTイニシアチブの認定を取得

温室効果ガス排出削減目標策定とSBT 認定

DENGYOは、脱炭素社会の実現に向けて2030 年における温室効果ガス排出削減目標を策定しましたが、このたびその目標が、科学的な根拠に基づいた「2℃を十分に下回る目標(Well below 2℃)」としてSBT(Science Based Targets)イニシアチブ※1より認定されました。

※1「SBTイニシアチブ」は、CDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)によって2015年に設立された国際的な共同イニシアチブで、「産業革命前からの気温上昇を最大でも2℃未満に抑える」というパリ協定の目標に向けて、企業が設定する温室効果ガス排出削減目標が、科学的根拠に基づいたものになっているかどうかの検証・認定を行っています

SCIENCE BASED TARGETS
DENGYOの温室効果ガス排出削減目標

Scope1※2及びScope2※2について、2030年度までに温室効果ガス排出削減目標を、「気温上昇2度を十分に下回る基準(Well-below 2℃ option)」である2018年度比30%削減として策定しています。また、Scope3※2の排出量の測定と削減に取り組んでまいります。

※2
Scope1:自社自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)
Scope2:自社が購入した電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
Scope3: Scope1、Scope2以外の企業活動のサプライチェーンの温室効果ガスの排出量

SBTで認定された「「気温上昇2度を十分に下回る基準(Well-below 2℃ option)」気温上昇2度を十分に下回る基準(Well-below 2℃ option)」を達成する為に、今後は、これまでの取り組みに加え、更なる省エネや再生可能エネルギーの利用拡大、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出削減の取り組み等、事業及び企業活動において気候変動問題への対応をよりいっそう進めることにより、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

関連情報
SBTイニシアチブWebサイト(英文)https://sciencebasedtargets.org/

貢献する SDGs
13気候変動に具体的な対策を

本取り組みにより、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、「13 気候変動に具体的な対策を」に積極的に寄与してまいります。

お問合せ窓口 経営企画部
本件について問い合わる

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード
ソリューション製品

ページトップへ戻る