トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > 顧客事例 > メガソーラー映像監視

顧客事例

メガソーラー映像監視
導入先
プ ラ ン ト名:大樹ソーラーファーム合同会社 様、愛国ソーラーファーム合同会社 様
施      工:株式会社北弘電社 様
映像監視システム:カシオテクノ株式会社 様
製品名
FalconWAVE2.4G
導入の背景

 各地で太陽光発電所建設が始まり、施設の大型化が進みつつあります。それに伴い、太陽光発電所の警備や監視も有人から無人へと省力化しています。また、侵入者や不審者の発見だけでなく、発電に影響を与える積雪状況、太陽光パネルに付着するゴミ、枯葉や大型鳥獣などの監視が必要となり、広大な敷地内に複数のカメラを設置した監視が求められています。

導入製品と成果

 FalconWAVE2.4はこれら複数の監視カメラの鮮明な映像を、無線を用いて伝送することができます。有線による監視カメラ伝送では、伝送のための掘削工事や電気設備工事が必要となり、太陽光発電所が大型になるにつれて監視カメラの数が増え、工期も当然長くかかります。

 FalconWAVEにより無線での効率の良い監視が実現し、東日本大震災のような災害発生時の回線断にも強く、安定した通信を確保することができます。

導入製品と成果

構成イメージ

開発関係者の声
製品詳細:FalconWAVE
開発関係者の声

 ソーラー施設では、監視対象が静体でありこれを効果的に監視するというニーズに対して最適な映像伝送方式の開発に取り組みました。具体的には限られた伝送レートを極力有効に利用し、同一周波数のみで1対多同時接続を行うことを実現しました。極寒地ですので環境試験も改めて確認し、慎重な試験を行いました。

光成 佳篤

日本電業工作株式会社
事業開発部
光成 佳篤

お客様の声

 DENGYOの無線装置とカシオテクノが提供する高性能監視カメラ、複数の監視カメラ映像を処理できるレコーダーを組み合わせることにより、ソーラーファーム様のご要望に応えることができました。またFalconWAVEの良さは、ポイント・トゥ・マルチポイントで映像監視が簡易に構成できるところです。これからもお客様のご要望に応じて監視カメラ装置を追加運用することができます。

 以前よりカシオテクノとしてはFalconWAVEを取り扱っていますが、安定した高品質の映像を提供できる装置として推奨しています。

中村 篤史課長

カシオテクノ株式会社
ソリューション事業推進部
事業企画グループ
中村 篤史課長

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る