トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > 顧客事例 > 風速・足場倒壊監視 (2)

顧客事例

現在は販売を終了しております。

風速・足場倒壊監視(2)
導入先
安藤ハザマ 様
製品名

フレキシブルなセンサシステム「Echoes LINK™」
(風速・足場倒壊監視システム)

NETIS登録製品 登録番号:KT-140021-A
導入の背景

現在、建設現場において省力化や、作業の効率化が注目されています。複数の現場を掛け持ちしている作業者が現場に行くことなく遠隔から現場の風速値が把握でき、状況判断が迅速に行うことで余計な人件費や移動時間、作業負担をかけず効率よく現場を管理できると考えられました。

導入製品と成果

マンション補修工事のために設置した足場の上部にEchoes LINK™を設置し、現場の風速値の通知と足場と構造物が離れた場合に管理者の携帯電話にお知らせします。

風速値は、①朝7:00の定期通知、②瞬間風速30m/s超過時のアラーム通知、および③瞬間風速10m/sを超えた後10分間の平均風速が10m/sを超えた場合のアラーム通知の3通りが設定されています。また、マグネットセンサは足場と構造物が1cm以上離れた場合にアラームを発報するように設定しました。

今回はマンションの4面中の道路に面する面と敷地内に公園がある面の2面に設置しました。作業効率化のみならず、地域住民の安心・安全に対する取り組みのひとつとしても有効なシステムだと期待されます。

導入製品と成果

フレキシブルなセンサシステム「Echoes LINK™」風速・足場倒壊監視システムへ

開発関係者の声

日本電業工作株式会社
事業開発部 第1事業開発グループ
濱野 寛之
Echoes LINK™はお客様のニーズに応えられるよう拡張性に富んだ製品です。 今回は工事現場の作業効率化というニーズもありましたが、お話しをお伺いする中で住民の方への安全の配慮を強く感じました。足場のズレを徹底的に検知できるよう、本製品のマグネットセンサの動作距離は5㎝ですが、安藤ハザマ様の要望により距離を短くできるよう検討しました。
お客様の要望に少しでも対応できるよう、今後も製品開発を続けていきたいと考えます。

濱野 寛之
お客様の声

梅本 憲二郎 安藤ハザマ
建築事業本部 技術統括部 技術部 構・工法グループ
伊藤 明 様(左)

社長室 情報システム部 システム開発グループ
清水 充子 様(中央)

建築事業本部 技術統括部 技術部 構造グループ
佐々木 真 様(右)

Echoes LINK™を設置後は、毎朝、携帯電話に風速値のお知らせがくるので手間がかからなくてよいと思いました。朝礼前の7:00に決まってSMSが届くので、システム自体が正常に動いているのかも把握でき一石二鳥です。
工事は、現場の安全対策と省力化が大きな課題となっており、こういったシステムを導入し、現場の安全対策に取り組むことは、地域住民の方の安心へつながると言えます。
今後の課題としては、現在の足場つなぎでの倒壊計測を、外部足場の異常や倒壊の前兆の現象の検知になればより効果的かと考えます。例えば、メッシュシートのめくれ、布板の外れ、朝顔養生の異常なども災害の前兆になります。そのような現象をセンサもしくはカメラで検知できるシステムを今後期待したいです。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る