トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 道路舗装の温度をリアルタイムモニタリング

道路舗装の温度を
リアルタイムモニタリング
ダンプカーアスファルト温度データをリアルタイム収集
株式会社NIPPO様
分野
インフラ
シーン
工事現場
業種
建設
製品
おくだけWi-Fi

概要

道路舗装工事現場の様子

道路舗装工事現場の様子

道路舗装工事においては、工事時間の短縮と工事精度の品質向上が求められており、アスファルト舗装工事においては、アスファルト合材の温度管理が重要になります。従来は、専門の管理員がダンプの荷台に上がり、到着温度を測定するのが一般的でしたが、アスファルト積載ダンプカーに温度センサーを車載して、敷設前のアスファルト温度データをリアルタイムに自動計測することが望まれていました。

課題

  • アスファルト合材の温度管理の際、専門の監理員がダンプの荷台に上がり温度を測定しなくてならないため自動化が望まれていた。
  • Wi-Fi機能付温度センサにより自動的にクラウド集約したい。

効果

  • 1台ごとに設置したWi-Fi機能付温度センサのデータを自動的にクラウドに集約でき、外部からの閲覧も可能となった。
  • コンパクトな可搬型で簡単に設置でき、周囲約100mをWi-Fiエリア化することができた。
  • 道路舗装工事における工事時間の短縮が実現した。
  • ネットワークカメラとの併用で、舗設状況の遠隔監視もできるようになった。

システム概要

道路舗装現場をWi-Fiエリア化
各道路舗装工事現場で収集される温度センサのデータを管理している。

各道路舗装工事現場で収集される
温度センサのデータを管理している。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード
ソリューション製品

ページトップへ戻る