トップ > 安心安全・環境向け ソリューション製品 > FalconWAVE®長距離無線LANシステム > 導入事例 > 本社と支社間のデータ通信を無線化

本社と支社間のデータ通信を無線化
40.2km離れた本社と支社を中継点を介して無線で接続
白鷺電気工業株式会社様
分野
インフラ
シーン
事業所
業種
建設・工事
製品
「Falcon WAVE 4.9G MPプラス」

概要

中継局

新本社社屋への移転に伴い、遠隔地の支社との間のネットワークをBCPも考慮して、電気通信事業者の回線サービスに加え、自営回線でも構築することとした。
本社と支社間は約40km離れているため、中間地点にある山頂に中継局を設置することで、長距離無線伝送システム「Falcon WAVE 4.9G MPプラス」を用いて、経済的に信頼性の高いネットワークの構築ができた。

熊本本社から八代支社間のスループットはベストエフォートで約8Mbps

課題

  • 本社と支社間に、BCPを考慮した高信頼のネットワークを構築したい。
  • 約40kmも離れているため、長距離伝送可能な無線方式が必要となる。
  • 自社の鉄塔を有効活用し、先進的な取組をPRしたい。

効果

  • 高信頼のネットワークが、短時間に構築できた。
  • 自営回線設備なので、運用コストがかからない。
  • 高性能・高信頼な無線機とアンテナにより安定的な通信環境が実現できた。
  • 自社の鉄塔を活用したシステム構築で大きなPR効果があった。

システム構成図

システム構成図

システムの概要

支社に設置したIPカメラ映像を本社でリアルタイムでモニタリング。基幹通信に適した4.9GHz帯を使用し、高性能・高利得アンテナで長距離伝送を実現。

システムの概要

関連製品

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード
ソリューション製品

ページトップへ戻る