トップ > D2ラボ > 電波関連計算ツール > フレネル半径

D2ラボ

電波関連計算ツール

フレネル半径

無線通信では、送信アンテナと受信アンテナ間の見通しが必要となります。
伝搬路に山、建物などの障害物がある場合は、障害物の頂点と見通し線の距離をフレネル半径(r)以上、
伝搬路に障害物が無い場合は、地表面と見通し線の距離をフレネル半径(r)以上確保する必要があります。
フレネル半径は(r)は通信距離と周波数により計算することができます。

周波数(MHz) =
距離d1(m) =
距離d2(m) =
フレネル半径(r)(m) =
計算式
フレネル半径 計算式
製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る